SpheroCamHDR

SPHEROCAM HDR

Revolutionizing the concept of photography

SpheroCamHDR はHDR テクノロジーに特化した初めてのカメラです。
通常、360°のイメージを撮影する場合、同じシーンを露出を変えて何度も撮影する必要があります。
SpheroCamHDR は1度に完全球体イメージとハイダイナミックレンジの輝度を高解像度で撮影可能。
露出のアンダーもオーバーもSpheroCamHDR には関係ありません。

SpheroCamHDR はプロクリエイターが求めるリアルなレンダリングをオプティマイズするよう設計されています。
実世界から得た位置・輝度情報を元にImage-based Lighting、正確な3Dモデル作成に適用できます。


Key Feature

> 完全球体の HDR 画像を撮影 (360°x 180°)
> 26 f-stops 以上のダイナミックレンジ
> 50メガピクセル以上の最高品質の解像度
> 自動ポスト処理エンジン
> GPS を装備(位置・時間)
  仕様の詳細


Areas of application

> Film & Effects :
   実世界の輝度をCGで忠実に再現
> Game & Entertainment :
   ゲームや映画にてリアルな背景を作成
> Automotive and comparable industries :
   自動車やプロダクト業界におけるデザインや広告のプロダクト ビジュアライゼーション
   実製品の前に形、質感、材質をシミュレーション。カタログやマーケティングへ活用
> Architectural planning and surveying :
   建築プロジェクトのプレ ビジュアライゼーション
   建設現場や改装プロジェクトの計測

Technology

Camera Operation
> Pro-Software : すべてのカメラ設定をマニュアルでコントロール可能
> OneClick-Software : CGIに特化。すべて自動で完全球体のHDR 画像を撮影可能
> Toughbook : タッチスクリーンでコントロール
Spherical HDR Viewing
> ロードオンデマンド技術(Open EXR)
> 96bit の画像ファイルをサポート
> マニュアルまたは自動でビューワーの露光を調整
3D Measurement
> 球体の画像から直接XYZ データを抽出可能
> 光学的計算により高精度な計測技術
> Autodesk Maya へ抽出した3D-Dataをエクスポート可能


  

3D MEASUREMENT SOLUTION



HDR 画像とは

High Dynamic Range 画像とは、画素のクリッピングや色の領域を飛ばすことなく実世界の輝度を保持している画像を意味します。

SpheroCamHDR のDynamic Range は他に比べて高いため、撮影時の情報損失がありません。

また、カメラを中心とした全方向の完全球体 High Dynamic Range 情報を持っているため、3Dメジャーメント機能もあります。


High Dynamic Range imag は一枚の画像の中に光の強さと影を撮影することができます。


Image-based Lighting とは

ビジュアライゼーション の基本となるリアルな画像を作成します。HDR 画像から得た輝度情報を元にCGアプリケーション上でライティング設定。mental ray® for Maya® などに有効です。



HDRカメラのデモンストレーション(デモにて撮影したデータは無償でお渡しします)
HDR画像の撮影代行業も行っております。詳細は
お問い合わせください。